2018-12-10 ケンオリからの贈り物 vol.221

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏ ケンオリがお届けするお役立ち情報マガジン 
┏┏■    
┏     ケンオリからの贈り物 vol.221
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読、ありがとうございます。


全国各地で、地域を盛り上げている「ご当地キャラクター」。

今回の「あらかると」特集では福島県白河市のイメージキャラクター、
「ダルライザー」を取材しました。
誕生から10年の歳月を経ても、また新たな目標にチャレンジし、進化をし続ける
その魅力をご紹介します。


◎ 今月の あらかると はここからチェック♪ ◎
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_383.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃【あらかると】地域の、子どもたちの、未来のために。
┃  ┃              ローカルヒーローがきりひらく地方の可能性。
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダルライザープランニング代表の和知健明さんは、結婚を機に地元白河へ帰郷しました。
第一子の誕生により、「この子のために地域を元気にしたい」という想いを
もったことがダルライザー誕生のきっかけとなっています。

「ダルライザー」は白河名産の白河だるまにあやかり、七転び八起きの精神から、
起上る=ライズにちなみ、命名されました。幼保育園でのキャラクターショーだけでなく
地域を元気にする活動の場と題した講演も行い、活躍の場を増やしていきました。

2015年、地域活動のさらなる場をもとめ、映画製作をスタート。
3分程のパイロット版をユーチューブにアップすると1ヶ月で約1万回再生されたことに
手応えを感じ、原作の制作にとりかかります。

2017年6月についに完成し、7月、待望の完成試写会を白河文化交流館コミネスで開催。
翌年には白河市外の各地区、福島県外でも上映され、
そして9月にはタイ国際映画祭にて特別賞を受賞しました。

誕生から10年。今後も進化・挑戦をし続けるダルライザーに、ぜひご注目ください。


ダルライザープランニング
http://www.dharuriser.com/



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 福島県民家計消費ランキング
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)から、福島県民の消費嗜好を
ピックアップ。福島県民が「なに」に「いくら」使っているか研究します。

【 品目 】 ヨーグルト
「ヨーグルト」で福島県はなんと第2位。

第1位  山形市  \18,111
第2位  福島市  \17,630
第3位  名古屋市 \16,739
 ・
 ・
第50位 神戸市  \10,477
第51位 札幌市  \10,340
第52位 那覇市  \10,151



※2017年都市階級・地方・都道府県庁所在市別 1世帯当たり支出金額
出展:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)調査結果」
政令指定都市の川崎・相模原・浜松・堺・北九州の各市を含むため、総数52都市。


詳しくはこちら↓
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_383.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃折込広告モニター調査 『2018年1月福島県の出稿状況』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年1月福島県全域の折込本数 ・・・2,268本(前年比97.0%)


◇地区別本数(前年比)

 郡山市 ・・・・・・502本     (97.5%)
 福島市 ・・・・・・503本     (99.4%)
 いわき市・・・・・ 526本     (100.4%)
 会津若松市・・・・ 380本   (90.9%)
 南相馬市・・・・・ 357本     (95.5%)


◇曜日別本数(前年比)

 月曜・・・・・・・518本      (308.3%)
 火曜・・・・・・・221本      (68.0%)
 水曜・・・・・・・324本      (129.1%)
 木曜・・・・・・・211本      (119.9%)
 金曜・・・・・・・347本      (93.0%)
 土曜・・・・・・・434本      (95.0%)
 日曜・・・・・・・213本      (36.3%)


◇業種別本数(前年比)

 総合小売・・・・・362本      (90.5%)
  食品小売・・・・・148本      (107.2%)
 衣料身回品・・・・200本      (103.6%)
 その他小売・・・・578本      (91.9%)
 サービス・・・・・431本      (94.5%)
 各種学校・・・・・ 92本      (94.8%)
 不動産・・・・・・186本      (101.6%)
 金融・・・・・・・ 46本      (148.4%)
 その他・・・・・・225本      (107.1%)


いわき市を除き全地区で前年割れ、
なかでも会津若松市の出稿減が大きくなっています。
いわき市は前月も前年同様、もしくは微増の傾向にありました。

1月は元旦の曜日によって、曜日別出稿本数に大きく影響がでます。
2018年の元旦は月曜日、2017年は日曜日でした。
2019年の元旦は火曜日ですので、1ヶ月の曜日別出稿本数は
火曜日は大きく伸びそうです。

業種別にみていくと、金融の本数が大幅増、小売関係の減が目立った
結果となりました。


⇒出典:OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/gaiyo.htm

さらに詳しいデータが必要な場合はお気軽にご連絡ください!
MAIL:marketing@dns2.kenori.co.jp (担当:若林)


---------------
 ◆編集後記◆
---------------

モニター調査で元旦の折込についてふれましたが
毎年のことながら、元旦含め年末年始のチラシ納品締切は
通常より納期が早まりますのでご注意ください。

納期表をご確認のうえ、お早めのご連絡、対応のほど
よろしくお願いいたします。
(弊社の年末年始休業は12/30〜1/4となります)

↓福島県の12,1月納期表はコチラ↓
http://kenori.com/wp-content/uploads/simekiri2.pdf


また来年のケンオリカレンダーも皆様に配布中です。
1年の暦が1枚で確認できますのでぜひ、ご活用ください!

少し早いですが、来年もケンオリをどうぞ、よろしくお願いいたします。



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、
配信停止手続きをお願い致します。

■配信停止手続きはこちら
http://businessblog.kenori.jp/article/15061139.html
■配信についてのお問合せ
marketing@kenori.com

【発行元】
株式会社ケンオリ  http://www.kenori.com/
郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400 FAX:024-944-9980
福島支社・いわき営業所・会津若松営業所・仙台営業所

 

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る次の号を見る>

2018-11-10 ケンオリからの贈り物 vol.220

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏ ケンオリがお届けするお役立ち情報マガジン 
┏┏■    
┏     ケンオリからの贈り物 vol.220
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読、ありがとうございます。


"全国初"の小中学生のクラブ活動だけを取り上げるハイパーローカル(地域密着)
フリーマガジン「ジュニアアスリート郡山」が10月26日(金)に創刊しました。

東日本大震災後、運動をするのに充分な設備や環境が整わない時期がありました。
しかし今、郡山の子どもたちは部活に、スポーツに、懸命に取り組んでいます。
「ジュニアアスリート郡山」では、ひたむきに頑張る子どもたちの姿を発信しています。


◎ 今月の あらかると はここからチェック♪ ◎
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_382.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃【あらかると】子どもたちの可能性が地域の未来を創る。
┃  ┃                            ジュニアアスリート郡山創刊
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

郡山の子どもたちを元気にできる、そんな仕事がしたい。

郡山市で新聞販売店を経営しながら、
「ジュニアアスリート郡山」の代表を務める佐藤茂雄さんは、
東日本大震災での原発事故以来、「ふくしまに住む大人・親として、
地域の子どもたちに何かしてあげられることはないだろうか」
という気持ちを絶えず抱えていました。

そんな折、2018年4月、静岡県浜松市を拠点に展開中の
「ジュニアアスリート」のフランチャイズ説明会に参加します。
「未来を創るのは子どもたちで、地域の大人たちには地域の子どもたちを
応援する役割がある」という力強い熱意を感じた佐藤さん。
「福島で、郡山でジュニアアスリートの運営をやらせてください!」
と本部へ気持ちを伝え、ジュニアアスリート郡山創刊に至りました。

「ジュニアアスリート郡山の主役は、郡山市内の子どもたちです。
彼ら・彼女らが一生懸命スポーツに本気で打ち込む様子を地域の人たちに知ってもらい、
自身の子を見るように、元気な地域の子どもたちを地域一丸となって見守りたいです。
学校・子ども・保護者・地域、それぞれの連携を強めることで、
円滑な学校生活や健全な地域社会の実現に、少しでも本誌が寄与できたらと願っています。」



Facebookも更新中! 
@jr.athlete.koriyama
https://www.facebook.com/jr.athlete.koriyama/



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 福島県民家計消費ランキング
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)から、福島県民の消費嗜好を
ピックアップ。福島県民が「なに」に「いくら」使っているか研究します。

【 品目 】 食塩
「食塩」で福島県はなんと第1位。

第1位  福島市   \662
第2位  鹿児島市  \657
第3位  甲府市   \623
 ・
 ・
第50位 高知市   \342
第51位 岐阜市   \338
第52位 松山市   \302


※2017年都市階級・地方・都道府県庁所在市別 1世帯当たり支出金額
出展:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)調査結果」
政令指定都市の川崎・相模原・浜松・堺・北九州の各市を含むため、総数52都市。


詳しくはこちら↓
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_382.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃折込広告モニター調査 『2017年12月福島県の出稿状況』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年12月福島県全域の折込本数 ・・・2,479本(前年比96.1%)


◇地区別本数(前年比)

 郡山市 ・・・・・・588本     (96.4%)
 福島市 ・・・・・・528本     (95.1%)
 いわき市・・・・・ 565本     (100.4%)
 会津若松市・・・・ 438本     (94.6%)
 南相馬市・・・・・ 360本   (92.5%)


◇曜日別本数(前年比)

 月曜・・・・・・・134本      (136.7%)
 火曜・・・・・・・245本      (86.9%)
 水曜・・・・・・・263本      (80.7%)
 木曜・・・・・・・228本      (59.2%)
 金曜・・・・・・・631本      (113.1%)
 土曜・・・・・・・569本      (90.6%)
 日曜・・・・・・・409本      (135.0%)


◇業種別本数(前年比)

 総合小売・・・・・461本      (95.1%)
  食品小売・・・・・151本      (100.7%)
 衣料身回品・・・・315本      (105.4%)
 その他小売・・・・621本      (93.5%)
 サービス・・・・・473本      (95.6%)
 各種学校・・・・・120本      (96.8%)
 不動産・・・・・・118本      (95.9%)
 金融・・・・・・・ 29本      (53.7%)
 その他・・・・・・191本      (102.7%)


地区別本数では、いわき市以外の地域で前年割れ。
曜日別にみると、木曜が前年比約60%と大きく減少しました。

業種別にみると、大型スーパーやショッピングセンターが前年度よりアップ。
一方、外食・ケータリングサービス・テイクアウトが前年度よりも減少しました。
12月にはクリスマスがありますが、レストランなどで外食をするのではなく、
家でご馳走を作って楽しむ方が増えているのかもしれませんね。


⇒出典:OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/gaiyo.htm

さらに詳しいデータが必要な場合はお気軽にご連絡ください!
MAIL:marketing@dns2.kenori.co.jp (担当:若林)


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃!┃おまかせアプリ「まいbox」誕生!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自社でのアプリ導入はハードルが高い…と思っていませんか?
お店オリジナルのアプリ制作を簡単・スピーディー・低価格に実現します!
アプリ導入からアフターフォローまでケンオリにおまかせください。


詳しくはこちら↓
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_382.pdf



---------------
 ◆編集後記◆
---------------

最近クリスマスのカタログを目にする機会が増えました。
あっという間に今年も残り2ヶ月を切っていることに驚かされます。
日が落ちるのが早くなり一日一日が早いですが、
毎日を大切に過ごしたいものですね。

平成最後の冬。
皆さんはどのように過ごされますか?



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、
配信停止手続きをお願い致します。

■配信停止手続きはこちら
http://businessblog.kenori.jp/article/15061139.html
■配信についてのお問合せ
marketing@kenori.com

【発行元】
株式会社ケンオリ  http://www.kenori.com/
郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400 FAX:024-944-9980
福島支社・いわき営業所・会津若松営業所・仙台営業所

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る 次の号を見る>

2018-10-10 ケンオリからの贈り物 vol.219

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏ ケンオリがお届けするお役立ち情報マガジン 
┏┏■    
┏     ケンオリからの贈り物 vol.219
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読、ありがとうございます。

みなさんは、福島県が合唱王国と呼ばれていることはご存知ですか?
特に郡山市は、今年、音楽都市「楽都郡山」宣言10周年を迎え
合唱のみならず、さまざまな音楽シーンが市内各地でくりひろげられています。

そんななか、今年で8回目の開催を迎えたアカペラの祭典「まちなか うたふく」。
楽器をつかわず声のみで演奏するアカペラは、日本では独特の進化を遂げ、
日本全国の大学にあるアカペラサークルを中心に、ますます裾野が広がっています。


◎ 今月の あらかると はここからチェック♪ ◎
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_381.pdf



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃【あらかると】アカペラでまちなかから元気発信!うたふく2018活動報告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月1日(土)に行われた「まちちなか うたふく2018」は多くの方々にご協力いただき、
大盛況で幕を閉じることができました。2011年から毎年開催し、8回目となった今年は、
過去最高の50を越えるアカペラバンドが福島県内外から郡山駅前に集結し
素敵な歌声を響かせてくれました。

今年は屋外メインステージの駅前広場会場、屋内メインステージのS-PAL会場を中心に
うすい前・ATi前・郡山駅構内と全5会場で開催しました。

昨年に引き続き、台湾から郡山市に駆けつけてくださるバンド
東北や関東を中心に郡山市までアカペラを歌いにきてくれる大学生
そして毎年うたふくに協力してくださる地元のアカペラグループ。
「うた」でまちなかを盛り上げたいという想いに賛同し
多くの方が郡山市に来てくれたことを大変嬉しく思います。
当日はイベント中に雨が降ったため一部タイムテーブルの変更が出てしまいましたが
夕方には晴れ間も見え、無事フィナーレを迎えることができました。

来年、そして記念すべき2020年の10回目の開催に向けて
さらに趣向を凝らした楽しいイベントになるよう取り組んでいきますので
今後も「うたふく」の応援をよろしくお願いします。


まちなかうたふく
https://fukuori.com/utafuku/


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 福島県民家計消費ランキング
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)から、福島県民の消費嗜好を
ピックアップ。福島県民が「なに」に「いくら」使っているか研究します。

【 品目 】 宿泊料
「宿泊料」で福島県はなんと第1位。

第1位  福島市   \40,776
第2位  東京都区部 \35,834
第3位  金沢市   \34,614
 ・
 ・
第50位 鳥取市  \13,025
第51位 松山市  \10,440
第52位 那覇市  \10,064


※2017年都市階級・地方・都道府県庁所在市別 1世帯当たり支出金額
出展:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)調査結果」
政令指定都市の川崎・相模原・浜松・堺・北九州の各市を含むため、総数52都市。


詳しくはこちら↓
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_381.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃折込広告モニター調査 『2017年11月福島県の出稿状況』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年11月福島県全域の折込本数 ・・・2,389本(前年比95.2%)


◇地区別本数(前年比)

 郡山市  ・・・・・567本     (100.7%)
 福島市  ・・・・・493本     (91.8%)
 いわき市・・・・・513本     (95.7%)
 会津若松市・・・・431本     (93.3%)
 南相馬市・・・・・385本     (93.7%)


◇曜日別本数(前年比)

 月曜・・・・・・・141本    (114.6%)
 火曜・・・・・・・258本    (67.2%)
 水曜・・・・・・・410本    (98.6%)
 木曜・・・・・・・404本    (118.8%)
 金曜・・・・・・・522本    (117.3%)
 土曜・・・・・・・387本    (69.6%)
 日曜・・・・・・・267本    (109.0%)


◇業種別本数(前年比)

 総合小売・・・・・427本    (100.5%)
 食品小売・・・・・178本    (118.7%)
 衣料身回品・・・・258本    (94.2%)
 その他小売・・・・577本    (87.8%)
 サービス ・・・・ 504本    (105.9%)
 各種学校 ・・・・ 116本    (78.9%)
 不動産・・・・・・139本    (88.0%)
 金融 ・・・・・・  25本    (92.6%)
 その他・・・・・・165本    (84.6%)


前月同様、総合小売や食品小売、サービスは全地区で前年を上回りましたが、
全体としては前年割れでした。

業種別にみると前年比アップしたのはショッピングセンター、寝具、旅行の他、
スポーツレジャー用品、エステティック、健康・自然食品などですが、なかでも、
本数自体は7本と少ないものの、前年比350%に達したのは官公庁関係でした。
一方、前月同様、不動産の中でもマンション、建て売りは前年の半分ほどでした。

曜日別では構成比で月曜が日曜を上回り3番目に折込チラシの多い曜日でした。




⇒出典:OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/gaiyo.htm

さらに詳しいデータが必要な場合はお気軽にご連絡ください!
MAIL:marketing@dns2.kenori.co.jp (担当:若林)



---------------
 ◆編集後記◆
---------------

アカペラとの出逢い。
それは、1970〜80年代に日本で放送された洋酒のテレビコマーシャルや、
映画音楽などにも起用された4人組の男女混合ジャズ・コーラス・グループ。
そのグループ名は、ザ・マンハッタン・トランスファー。通称マン・トラ。
当時は、レコードを借りてきて、カセットテープに録音し、ウォークマンで聴く、
そんなスタイルがはやったものです。
今でも、部屋の片隅に、そんなカセットテープの数々がケースにおさまっています。
今度の休みの日にでも、ひさしぶりに聴いてみようかなぁ…
あっ、カッセトデッキがない。




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、
配信停止手続きをお願い致します。

■配信停止手続きはこちら
http://businessblog.kenori.jp/article/15061139.html
■配信についてのお問合せ
marketing@kenori.com

【発行元】
株式会社ケンオリ  http://www.kenori.com/
郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400 FAX:024-944-9980
福島支社・いわき営業所・会津若松営業所・仙台営業所

 

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る次の号を見る>

ビジネスブログで、ホームページをまるごとパッケージ。

「ホームページ」は、「存在」の証しです。

HP初心者の方やHPが機能していない方に【Bbかんたんパック】がおススメな、

そのワケ。

@初期費用0円安心パッケージ価格  A更新作業オールフルサポート

B携帯サイト完全連動            Cリアル店舗HP効果的誘導