2019-02-10 ケンオリからの贈り物 vol.223

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏ ケンオリがお届けするお役立ち情報マガジン 
┏┏■    
┏     ケンオリからの贈り物 vol.223
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読、ありがとうございます。


毎朝新聞とともにご家庭に届けられる折込広告。
時々の経済環境や社会情勢によって、出稿数や内容が変化していきます。
昨年は、地域や業種によって、どんな違いがあったのか、
弊社オリコミ・モニター・サービス(OMS)の出稿統計から
2018年の福島県を振り返ります。


◎ 今月の あらかると はここからチェック♪ ◎
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_385.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃【特集】2018年1月〜12月 福島県新聞折込広告調査
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社のオリコミ・モニター・サービス(OMS)は、
福島市・郡山市・いわき市・会津若松市・南相馬市の5市で
各モニターポイントに毎日折込まれる広告を収集し、
広告主名・業種・訴求内容・広告タイトル・売出期間等のデータとして蓄積しています。

2018年の年間の折込出稿量は、前年比で95.2%と前年割れとなりました。
業種別に見ると、「各種スポーツ施設・教室」で前年比130.3%と最も高く、
「スポーツ・レジャー用品」も前年比104.5%と増加しています。
→各業種の説明はこちらから
http://www.e-ori.com/oms/oms_type.pdf

地区別本数ランキングを見ると、各地で大型スーパーの「スーパー(L)」が1位。
前年比でみると減少傾向の地区が多いものの、やはり折込広告の主役です。
2位以下では、地区による違いが出ており、地域の特性というだけでなく、
震災と原発事故から8年近くが経った福島県各地の現状を反映したものとなっています。

今年は改元や、東京五輪プレイベント、消費税増税などが予定され、
出稿にも大きな影響がありそうです。
予想カレンダーを作成しましたので、ぜひ参考にしてください。


OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/gaiyo.htm




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ 福島県民家計消費ランキング
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)から、福島県民の消費嗜好を
ピックアップ。福島県民が「なに」に「いくら」使っているか研究します。

【 品目 】 チョコレート
「チョコレート」で福島県は第9位。

第1位  金沢市    \8,469
第2位  宇都宮市 \7,830
第3位  千葉市   \7,777
 ・
第9位  福島市    \7,423
 ・
第50位 鹿児島市 \5,185
第51位 和歌山市 \4,655
第52位 長崎市  \4,586



※2017年都市階級・地方・都道府県庁所在市別 1世帯当たり支出金額
出展:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)調査結果」
政令指定都市の川崎・相模原・浜松・堺・北九州の各市を含むため、総数52都市。


詳しくはこちら↓
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_385.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃折込広告モニター調査 『2018年3月福島県の出稿状況』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年3月福島県全域の折込本数 ・・・2,668本(前年比95.1%)


◇地区別本数(前年比)

 郡山市 ・・・・・・594本     (95.0%)
 福島市 ・・・・・・577本     (97.5%)
 いわき市・・・・・592本     (92.8%)
 会津若松市・・・・500本     (94.9%)
 南相馬市・・・・・405本     (96.0%)


◇曜日別本数(前年比)

 月曜・・・・・・・174本     ( 94.1%)
 火曜・・・・・・・263本     (106.5%)
 水曜・・・・・・・328本     ( 77.4%)
 木曜・・・・・・・330本     (102.5%)
 金曜・・・・・・・582本     ( 81.6%)
 土曜・・・・・・・694本     (118.2%)
 日曜・・・・・・・297本     ( 91.1%)


◇業種別本数(前年比)

 総合小売・・・・・・355本      ( 92.0%)
 食品小売・・・・・・169本      ( 90.9%)
 衣料身回品・・・・・255本      (115.4%)
 その他小売・・・・・682本      ( 91.1%)
 サービス・・・・・・483本       ( 96.8%)
 各種学校・・・・・・248本      ( 99.2%)
 不動産・・・・・・・176本      ( 93.1%)
 金融・・・・・・・・ 64本      (104.9%)
 その他・・・・・・・236本      ( 98.7%)


全地区で前年割れ、とくにいわき市での減少幅が大きくなりました。
減少幅が小さかったのは福島市、ついで南相馬市でした。

曜日別にみると土曜日が大幅に増加、火曜日の増加も目立ちます。
家電の出稿傾向が2017年は金曜日、2018年には土曜日に集中したこと、
火曜日には消費者金融、保険の通信販売が増加したことが要因です。

業種別では、金融のほか、衣料品の増加が際立っており、
金融は火曜日、衣料品は土曜日の出稿と、曜日の出稿傾向とリンクします。



⇒出典:OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/gaiyo.htm

さらに詳しいデータが必要な場合はお気軽にご連絡ください!
MAIL:m-wakabayashi@dns2.kenori.co.jp (担当:若林)




---------------
 ◆編集後記◆
---------------

今回は、特集でも弊社のオリコミ・モニター・サービスのデータを取り上げました。
OMSでは、折込広告の出稿を数字だけでなく、
個別の広告主単位で、広告タイトルまで検索できるのが特色です。

業種毎にどんな広告主の広告が増えたか減ったか、
どんなタイトルで訴求しようとしているか、様々な角度から分析ができます。

ぜひ、ご活用ください!

サンプルはこちら
http://www.e-ori.com/cgi-bin/orikomimonitorservice_sample.cgi





★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、
配信停止手続きをお願い致します。

■配信停止手続きはこちら
http://businessblog.kenori.jp/article/15061139.html
■配信についてのお問合せ
marketing@kenori.com

【発行元】
株式会社ケンオリ  http://www.kenori.com/
郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400 FAX:024-944-9980
福島支社・いわき営業所・会津若松営業所・仙台営業所

 

 

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る次の号を見る>

ビジネスブログで、ホームページをまるごとパッケージ。

「ホームページ」は、「存在」の証しです。

HP初心者の方やHPが機能していない方に【Bbかんたんパック】がおススメな、

そのワケ。

@初期費用0円安心パッケージ価格  A更新作業オールフルサポート

B携帯サイト完全連動            Cリアル店舗HP効果的誘導