2017-09-25 ケンオリからの贈り物 vol.198

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏  ケンオリからの贈り物 vol.198
┏┏■    
┏        『データで見る福島県あれこれランキング』         
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫≫≫【目次】≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
●ごあいさつ
●福島県家計調査『Wikiふくしま』
●折込広告モニター調査
●編集後記
●発行元:潟Pンオリ
≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読ありがとうございます。

9月も残すところ一週間となりました。
お休みも多くまた行事も多かった月でしたが、
皆さんはどのようにお過ごしになられましたか?

今回は「9月の行事と言えば」をランキング形式でご紹介します。

第3位・・・秋分の日
太陽が真東から真西に沈む日です。
仏教の世界では、西方浄土、つまり極楽は西にあるとされており、
真西に太陽が沈む秋分の日は、仏様にお祈りをするのにふさわしい日とされ、
秋分の日がお彼岸としてご先祖様の供養する日となったのには
このような由来があります。

第2位・・・敬老の日
兵庫県のとある村で、農閑期で天候が良い日9月に行われていた
敬老行事である「としよりの日」が始まりだとされています。
この行事が兵庫県全体に伝わり、その後全国に広がりました。

第1位・・・お月見
こちらはご存知、収穫祭が由来となっていますが、
発祥の中国では「さといも」の収穫祭であったと言われています。
それが旧暦の8月15日にお月様を鑑賞する行事となり、
その日のお月様を「中秋の名月」「十五夜」「芋名月」など
呼ばれるようになりました。
残念ながら2017年は10月4日がこの日に当たります。



そこで今回の家計調査では、本来お月見の由来である
「さといも」を取り上げてみました。




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

-------------------------------------
    ◆福島県家計調査『Wikiふくしま』 ◆
-------------------------------------

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃今月は・・・                     
┃                                 
┃            『 さといも 』            
┃ 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★


 2016年 年間平均支出ベスト5
 
  1位  山形市    ¥2,097
  2位 福井市    ¥1,826
  3位 新潟市    ¥1,604
  4位 名古屋市    ¥1,552
  5位 大分市        ¥1,185
      ・
      ・
      ・
   31位 福島市    ¥ 855
      ・
      ・
  50位 札幌市    ¥  369
  最下位 青森市    ¥  310



昨年は1位と最下位が東北という結果となりました。
福島市は全国では31位とあまりさといもは消費されていないようです。

さすが芋煮で有名な(有名なんですよ!)山形県が堂々の1位でした。
毎年山形市の馬見ヶ崎河川敷で開催される芋煮フェスティバルは圧巻です!
また味付けも東北地区としては非常に稀な醤油味で、
牛肉を使用した芋煮なんです。
今年は9月17日(日)に開催されたようです。
気になる方は来年足を運んでみてはいかがでしょうか?

では、最下位の青森県を見てみましょう。
青森県といえば「ながいも」ですね。
なんといっても青森県はながいもの生産量日本一なんです。

また、50位の札幌市は言うまでもなく生産量日本一を誇る「じゃがいも」でしょう!
某テレビ番組で紹介され、一躍全国区になった芋餅の主材料でもあります。

では福島市はどうでしょう?
調べたところ、福島市は「じゃがいも」の消費量が一番多い年でした。

芋は毎日の食材、お菓子や焼酎の材料として非常に重宝されています。
また、種類ごとに免疫力を高めたり、ダイエットに効果があったりと、
非常にありがたい食べ物です。
とは言え、取りすぎは良くないのでホドホドに。


⇒出典:総務省統計局家計調査
「家計調査年報 県庁所在地別品目分類」より
2016年の年間平均消費支出

※集計は、川崎市・浜松市・堺市・北九州市を含むため、
51位まであります。




-------------------------------------
            ◆折込広告モニター調査 ◆
-------------------------------------

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃今月は・・・                          

┃      『2016年10月福島県の出稿状況』 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

2016年10月福島県全域の折込本数 ・・・2,478本(前年比94.9%)


◇地区別本数(前年比)

 郡山市 ・・・・・・577本     (95.2%)
 福島市 ・・・・・・516本     (92.5%)
 いわき市・・・・・ 544本     (89.6%)
 会津若松市・・・・ 461本     (95.6%)
 南相馬市・・・・・ 380本   (106.4%)


◇曜日別本数(構成比)

 月曜・・・・・・・190本      (7.7%)
 火曜・・・・・・・248本      (10.0%)
 水曜・・・・・・・295本      (11.9%)
 木曜・・・・・・・253本      (10.2%)
 金曜・・・・・・・462本      (18.6%)
 土曜・・・・・・・676本      (27.3%)
 日曜・・・・・・・254本      (14.3%)


◇業種別本数(前年比)

 総合小売・・・・・381本      (91.4%)
  食品小売・・・・・131本      (93.6%)
 衣料身回品・・・・249本      (95.4%)
 その他小売・・・・590本      (86.5%)
 サービス・・・・・551本      (109.1%)
 各種学校・・・・・ 95本      (95.0%)
 不動産・・・・・・199本      (98.5%)
 金融・・・・・・・ 37本      (59.7%)
 その他・・・・・・245本      (101.7%)


10月は昨年と比べ全体的に出稿が落ちた月でした。
その中でも南相馬市は昨年を6%強上回りました。
非難解除地域が少しずつ広がりはじめ、震災前の生活に
徐々に戻りつつあるのではないでしょうか?



⇒出典:OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/oms/gaiyo.htm


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
  ⇒こんなデータがほしい
  ⇒こういう見方はできる?
  ⇒うちの業界はどうなってる?

などなど、さらに詳しいデータが必要な場合は
お気軽にご連絡ください!

電話:024-944-8400
MAIL:marketing@dns2.kenori.co.jp
 (担当:若林)
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




---------------
 ◆編集後記 ◆
---------------


8月中旬から9月にかけて、夜気温が下がるおかげで
とても過ごしやすくなりました。

となると必然的に秋の夜長となるので、本を読んだり、
DVDを見たりと家に帰るとやることが山積みです!

そうなると進むのがなぜか食!
ここ数年スナック菓子を食べるとなぜか胸焼けがするので、
夜ご飯をひたすら食べながら過ごしています・・・

なので残っている秋といえば・・・
そうです、「スポーツの秋」を強制的に謳歌しなければ・・・


(本文:営業二課 芳賀健介)


 
◎メルマガ『ケンオリからの贈り物』バックナンバーはこちら↓↓
http://marketing.kenori.jp/category/1339386.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ご不明点などございましたらお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご講読いただき、誠にありがとうございました。

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、配信停止手続きをお願い致します。
 
http://marketing.kenori.jp/category/1316837.html

発行元:潟Pンオリ
〒963-0724 郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400  FAX:024-944-9980
http://www.kenori.com/

配信についてのお問い合わせ < marketing@kenori.com >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆株式会社ケンオリ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
     
 全国的な折込ネットワークにより、福島県だけでなく全国各地への
 折込手配を承っております。また折込広告を軸とした広告プランニング
 印刷サービス、ホームページ制作など各種サービスを提供させて
 いただいております。詳しくは下記URLからご覧下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆

☆世の中の変化に対応出来ます。成功はここから!
↓広告の豆知識
http://kenori.com/tips/

☆ホームページの作成はこんなにお手軽なんです!
↓ビジネスブログ専用サイト公開!!
http://businessblog.kenori.jp
 


【支社・営業所】
 
福島支社:福島市さくら3丁目2−7
   TEL:024-594-2155  FAX:024-594-2156 
 
いわき営業所:いわき市平南白土2−6−3
   TEL:0246-24-2500 FAX:0246-24-2504
 
会津若松営業所:会津若松市インター西75(会津アピオ内)
   TEL:0242-22-6300 FAX:0242-22-6302
 
仙台営業所:宮城県仙台市青葉区本町1-13-24 錦ビル2F-A
      TEL:022-217-6766 FAX:022-721-5580

 

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る次の号を見る>

2017-09-10 ケンオリからの贈り物 vol.197

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏  ケンオリからの贈り物 vol.197
┏┏■    
┏      あらかるとケンオリPRESS 2017年9月号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
≫≫≫【目次】≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
●ごあいさつ
●あらかるとケンオリPRESS 2017年9月号のご紹介
●編集後記
●発行元:潟Pンオリ
≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪


いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読、ありがとうございます。

タイムラプス・ハイパーラプスという言葉をご存知でしょうか?
これらはカメラで連続した写真を撮影し、それを素材につくる
映像のことを指します。
いわき市出身で日本でも数少ないクリエイターとしてCMや映画など
で活躍されている清水大輔さんをご紹介します!



 ★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓★
    あらかるとケンオリPRESS 2017年9月号のご紹介
 ★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓★


◆今月の あらかるとケンオリPRESS はここからチェック♪
http://kenori.com/wp-content/uploads/arakaruto/arakaruto_368.pdf


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃【特集】福島県いわき市出身の
┃ ┃       タイムラプス・ハイパーラプスクリエイター
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


もともとは趣味ではじめた写真。
オーストラリアのあるタイムラプス映像を偶然見た際、
その美しさや映像から伝わってくるものに衝撃を受け、
タイムラプスに興味をもったのがきっかけです。
当時は東日本大震災直後で、
この方法でならば震災後の福島のネガティブなイメージを払拭し、
全国、そして全世界に福島の良さを伝えることができると思い
タイムラプス、ハイパーラプスの映像製作をはじめました。
前例が少なく当時の日本ではほとんど知られていなかったため、
周りからの逆風も強くありましたが、
実際の映像を見てもらうことで多くの方に認められるようになりました。

タイムラプスは1つの場所で間隔をあけて静止画を撮影し、それらをつないだ映像。
ハイパーラプスはさらに場所を移動しながら静止画撮影を行い、
一人称視点で編集した映像になります。
短い映像の中にも数万枚の静止画が使われています。

タイムラプスやハイパーラプスを使った映像で、
馴染みある風景の美しさに改めて気づいてもらい、
「福島っていいな」とみんなに思ってもらいたい。
製作をはじめた当初は福島の良さを福島の外側に伝えたかったのですが、
今はそれだけではなく、内側にこそ、伝えなければと思っています。
 
海外では2〜3年前からインバウンド目的などでさかんに使われています。
日本でも最近、携帯のカメラで簡単なタイムラプス動画をつくることができるようになり、
ようやく知られてきました。
もっと多くの方に、この映像の美しさを知ってもらい、
日本にタイムラプスやハイパーラプスを広め、活用されるようにしていきたいと思います。


↓清水大輔さんの動画作品は下記youtubeチャンネルからご覧ください↓
https://www.youtube.com/user/omame109




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ この町の、ココがすごい vol.39
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島県内の町や村。
そこだけで独自に展開しているおもしろい事をご紹介します!

南相馬市「小高区文化祭」

10月21〜22日に「小高区文化祭」が開催されます。
震災後、中断した文化祭ですが、4年前に再開することができました。
50年以上の歴史を持つ伝統行事に込められた想いや今年の見所をご紹介します。

平成25年から小高区の産業と文化の継承および地域の交流と復興を目的に
「小高区復興文化祭」として復活しました。
昨年からは「復興」の文字を取り、震災から6年目にしてやっと
「小高区文化祭」が復活しました。
浮舟文化会館では文芸・美術作品展が催され、
写真展や老人作品展など、地域住民の方の作品が多数出展されます。
今年からは児童生徒作品展が再開し、小高の子どもたちの作品も観賞することができます。
4月には学校再開により、児童・生徒も戻ったので、少しずつ
震災前のように子ども達が活躍していた頃のようなお祭りに戻して行きたいです。

お祭り当日は小高駅前通りが露店やステージで賑わいます。
中でも「富くじ入り投げもち」は毎年一番の盛り上がりを見せます。
ご来場された方は豪華景品を求めお餅をキャッチしてください。
昨年に引き続きステージショー等が予定されています。
大人も子どもも楽しめるお祭りですので是非ご来場ください。

小高観光協会
http://odaka-kanko.jp/




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃うつくしまふくしまブラあるき浜中会津より思いをこめて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふくしまの、地域の今、彩発見。

福島県の今ドキ「まちの駅」シリーズ 28
会津若松市「まちの駅 ねこが働く駅」

会津若松市の奥座敷、芦ノ牧温泉の表玄関口、芦ノ牧温泉駅。
ねこが駅長をつとめる全国でもめずらしい「ねこが働く駅」として知られています。

初代ねこ駅長の「ばす」がこの駅にやってきたのは2008年。
岡山県の片上鉄道吉ヶ原駅コトラ駅長、和歌山県の和歌山電鉄貴志駅たま駅長についで
3番目のねこ駅長として、全国的に人気をあつめました。
昨年4月、その日の最終列車を見送った後、永い眠りにつきました。

二代目駅長として、後を継いだのはアメリカンカールの雄猫「らぶ」。
毎日、列車のお出迎えお見送り、待合室でお客様を癒し、構内巡廻など、
弟で施設長の「ぴーち」とともに、にゃかよく、おつとめしています。

駐車場には実物のトロッコ列車を展示、土日休日は一般開放し運転体験などもできます。
また、待合室をカフェに見立て、各駅長特製ドリンクもたのしめます。
オフレコですが10月には「ぴーち」が保線区長に昇進しますのでお祝いにきてください。

まちの駅 ねこが働く駅
http://ashinomakionseneki.com/




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃たかはしこうじのマーケティングスパイス2 第147回
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「急がば回れ」

民芸品店を営む女性店主が、ひとつ数千〜数万円の主力商品に加え、
1本80g900円の蜂蜜の販売を始めたのは新規客獲得が狙い。
この蜂蜜は彼女が愛食していた国産の逸品。求めているのは新規客だが
まず既存客に提案するのが「安全策」だと考えた彼女。
慣れない商品を提案する店主の謙虚な手順を4つに分けて紹介しよう。

最初の取組はPOP。産地、製法などの特徴をしおりから抜粋し、手書きした。
2つ目の取組は試食。
3つ目の取組は蜂蜜との出会いや他の蜂蜜と食べ比べた所感などをPOPに追加。
4つ目の取組はレシピを自作し配布した。
この4つ目の取組でようやく1本が売れた。

その後、彼女は店頭看板を出した。
本来、新商品は真っ先に店頭看板に掲示しそうだが、店主は強いて後回しにした。
その理由は、看板を観て入店が増えても売場や接客が整っていないと購入に至らないから。
それを避けようと、先ず既存客の声をもとに蜂蜜コーナーを整え、
満を持して看板に書いたのだ。
その甲斐があり看板を見て入ってきたお客様への対応は滑らかで、
狙い通り民芸品への回遊も生まれ売上も微増傾向だという。

この事例で、急がば回れという言葉を思い浮かべた方もいるだろう。
新規客獲得や主力商品への誘導に悩んだら、この店の手順を思い出し
コツコツ提案するのも一案ではないか。




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃今日は何の日? 暦カレンダー
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


知っているようで知らない「○○の日」
もしかしたらそこに販促のヒントがあるかも…

10月11日 めんの日
全国製麺卸協同組合連合会によって提唱された。
毎月11日と11月11日が「めんの日」です。
10〜11月にかけて福島県内の様々な地域で
新そば祭りが開催されます!
地域ごとのそばの食べ比べも面白そうですね。




---------------
 ◆編集後記◆
---------------

あらかると8月号で特集した「まちなかうたふく」が
9月2日に郡山駅前で開催されました!
県内外、そして台湾からもアカペラグループが郡山駅前に
集まり素敵な歌声を披露してくれました。

当日の様子はケンオリホームページからもご覧いただけます♪
http://kenori.com/staff_blog/


(本文:郡山営業本部営業二課 渡邉淳美)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お手元にまだ「あらかるとケンオリPRESS」が届いていない場合は
弊社営業担当までお申し付けください。

◎メルマガ『ケンオリからの贈り物』バックナンバーはこちら↓↓
http://businessblog.kenori.jp/category/2001564.html


ご不明点などございましたらお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご講読いただき、誠にありがとうございました。

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、
配信停止手続きをお願い致します。

http://businessblog.kenori.jp/article/15061139.html

発行元:株式会社ケンオリ
〒963-0724 郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400  FAX:024-944-9980
http://www.kenori.com/

配信についてのお問い合わせ < marketing@kenori.com >


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇株式会社ケンオリ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
全国的な折込ネットワークにより、福島県だけでなく全国各地への
折込手配を承っております。また折込広告を軸とした広告プランニ
ング印刷サービス、ホームページ制作など各種サービスを提供させ
ていただいております。詳しくは下記URLからご覧下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

☆世の中の変化に対応出来ます。成功はここから!
↓広告の豆知識
http://kenori.com/tips/

☆ホームページの作成はこんなにお手軽なんです!
↓ビジネスブログ専用サイト公開!!
http://businessblog.kenori.jp


【支社・営業所】

福島支社:福島市さくら3-2-7
   TEL:024-594-2155 FAX:024-594-2156 

いわき営業所:いわき市平南白土2-6-3
   TEL:0246-24-2500 FAX:0246-24-2504

会津若松営業所:会津若松市インター西75(会津アピオ内)
   TEL:0242-22-6300 FAX:0242-22-6302

仙台営業所:宮城県仙台市青葉区本町1-13-24 錦ビル2F-A
      TEL:022-217-6766 FAX:022-721-5580

 

 

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る次の号を見る>

2017-08-25 ケンオリからの贈り物 vol.196

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏╋┏  ケンオリからの贈り物 vol.196
┏┏■    
┏        『データで見る福島県あれこれランキング』                      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≫≫≫【目次】≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
●ごあいさつ
●福島県家計調査『Wikiふくしま』
●折込広告モニター調査
●編集後記
●発行元:潟Pンオリ
≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



いつも大変お世話になっております。
株式会社ケンオリです。
日頃のご愛読ありがとうございます。

8月もまもなく終わりますが、
前半は夏の日差しがまぶしかったのに、
中盤はすっきりしないお天気が続いた福島県内も
後半は日差しが戻り残暑厳しくなりそうな予感。

暑いとどうしても冷たいものを食べ過ぎてしまい
胃腸が夏バテしてしまいますよね。

そこで今回の家計調査では、夏で疲れた胃腸の作用を
回復させる食材「納豆」を取り上げてみました。




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

-------------------------------------
    ◆福島県家計調査『Wikiふくしま』 ◆
-------------------------------------

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃今月は・・・                     
┃                                 
┃                 『 納豆 』            
┃ 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★


 2014年 年間平均支出ベスト5

  1位  福島市    ¥5,519
  2位 水戸市    ¥5,424
  3位 盛岡市    ¥5,303
  4位 前橋市      ¥5,155
  5位 山形市        ¥4,986
      ・
      ・
      ・
      ・
   48位 鳥取市    ¥2,204
   49位 徳島市    ¥2,140
   50位 大阪市    ¥2,019
      ・
 最下位 和歌山市    ¥1,613


「納豆といえば水戸」納豆生産量は日本一です。
この年の支出ランキングは2位、なんと福島市が1位という結果でした。

確かに、月に数回は学校給食でも出てましたし、
家の冷蔵庫には必ず入ってました。
子供の頃から朝食には必ず食卓に並んでます。

大豆を発酵させて作る納豆は、栄養価が高く、
特にネバネバに含まれる「ムチン」は胃の粘膜を保護し、
疲れた胃腸の作用が回復するのだとか、
冷たいものを食べ過ぎて、胃腸が弱っている時にはおすすめな食材なのです。





⇒出典:総務省統計局家計調査
「家計調査年報 県庁所在地別品目分類」より
2014年の年間平均消費支出

※集計は、川崎市・浜松市・堺市・北九州市を含むため、
51位まであります。




-------------------------------------
          ◆折込広告モニター調査 ◆
-------------------------------------

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃今月は・・・                          

┃      『2016年9月福島県の出稿状況』 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

2016年9月福島県全域の折込本数 ・・・2,421本(前年比101.7%)


◇地区別本数(前年比)

 郡山市 ・・・・・・577本     (105.3%)
 福島市 ・・・・・・523本     (98.9%)
 いわき市・・・・・ 513本     (101.0%)
 会津若松市・・・・ 434本     (97.7%)
 南相馬市・・・・・ 374本   (106.6%)


◇曜日別本数(構成比)

 月曜・・・・・・・134本      (5.5%)
 火曜・・・・・・・257本      (10.6%)
 水曜・・・・・・・320本      (13.2%)
 木曜・・・・・・・371本      (15.3%)
 金曜・・・・・・・482本      (19.9%)
 土曜・・・・・・・598本      (24.7%)
 日曜・・・・・・・259本      (10.7%)


◇業種別本数(前年比)

 総合小売・・・・・402本      (105.5%)
  食品小売・・・・・136本      (102.3%)
 衣料身回品・・・・183本      (99.5%)
 その他小売・・・・649本      (95.7%)
 サービス・・・・・516本      (104.5%)
 各種学校・・・・・69本       (62.7%)
 不動産・・・・・・216本      (118.7%)
 金融・・・・・・・44本       (151.7%)
 その他・・・・・・206本      (109.0%)




同じ内容の広告でも配布日によって効果は変わる
かもしれません。
長年の出稿統計データを基に、配布日のご提案
いたしますので気軽にお問合せください。


 

⇒出典:OMS「オリコミ・モニター・サービス」
http://www.e-ori.com/oms/gaiyo.htm


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
  ⇒こんなデータがほしい
  ⇒こういう見方はできる?
  ⇒うちの業界はどうなってる?

などなど、さらに詳しいデータが必要な場合は
お気軽にご連絡ください!

電話:024-944-8400
MAIL:marketing@dns2.kenori.co.jp
 (担当:若林)
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




---------------
 ◆編集後記 ◆
---------------


子供の頃は、好き嫌いが多く食が細くて(本当です)
唯一食べられた納豆とご飯で育ったと言っても過言ではありません。

おかげさまで、今ではだいぶ育ちすぎてしまいました。

今回の『Wikiふくしま』でランキングでは、
みごとに東日本、西日本が分かれる結果に驚きました。

納豆が苦手な西日本の方には、美味しく食べれるレシピお教えします。
ネバネバパワーで夏を乗り切りましょう!





(本文:営業二課 鈴木典子)

 
◎メルマガ『ケンオリからの贈り物』バックナンバーはこちら↓↓
http://marketing.kenori.jp/category/1339386.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました!
ご不明点などございましたらお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご講読いただき、誠にありがとうございました。

本メールは弊社お取引企業様や名刺交換をさせていただいた方に
お送りしております。
本メールにお心当たりが無い方や、今後本メールが不要な方は、
お手数ですが下記URLにアクセスいただき、配信停止手続きをお願い致します。
 
http://marketing.kenori.jp/category/1316837.html

発行元:潟Pンオリ
〒963-0724 郡山市田村町上行合字北川田26−3
TEL:024-944-8400  FAX:024-944-9980
http://www.kenori.com/

配信についてのお問い合わせ < marketing@kenori.com >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆株式会社ケンオリ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
     
 全国的な折込ネットワークにより、福島県だけでなく全国各地への
 折込手配を承っております。また折込広告を軸とした広告プランニング
 印刷サービス、ホームページ制作など各種サービスを提供させて
 いただいております。詳しくは下記URLからご覧下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆

☆世の中の変化に対応出来ます。成功はここから!
↓広告の豆知識
http://kenori.com/tips/

☆ホームページの作成はこんなにお手軽なんです!
↓ビジネスブログ専用サイト公開!!
http://businessblog.kenori.jp
 


【支社・営業所】
 
福島支社:福島市さくら3丁目2−7
   TEL:024-594-2155  FAX:024-594-2156 
 
いわき営業所:いわき市平南白土2−6−3
   TEL:0246-24-2500 FAX:0246-24-2504
 
会津若松営業所:会津若松市インター西75(会津アピオ内)
   TEL:0242-22-6300 FAX:0242-22-6302
 
仙台営業所:宮城県仙台市青葉区本町1-13-24 錦ビル2F-A
      TEL:022-217-6766 FAX:022-721-5580

 

 

このページのトップに戻る

 

<前の号を見るこの記事のトップに戻る次の号を見る>

ビジネスブログで、ホームページをまるごとパッケージ。

「ホームページ」は、「存在」の証しです。

HP初心者の方やHPが機能していない方に【Bbかんたんパック】がおススメな、

そのワケ。

@初期費用0円安心パッケージ価格  A更新作業オールフルサポート

B携帯サイト完全連動            Cリアル店舗HP効果的誘導